カードローンを利用する際に知っておきたいのが、「総量規制」という言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)です。 総量規制というものは、お金の借り過ぎによる多重債務者を減らすために国が定めた貸金業法による規制のことをいうのです。 その規制内容は、年収の三分の一までしか、お金を借りることが出来ないというものです。 例えば、年収300万円の人は100万円までしか借入ができないのですし、年収600万円の人は200万円までしか借入ができません。 そのために、年収300万円の人が既に一社から100万円の借入をしている場合は、もう他の会社からは借りることが出来ません。 また、年収300万円の人が既に一社から50万円の借入をしている場合には、別の会社からは50万円までしか借りられません。 ただし、このルールはあくまでも貸金業法による規制なので、銀行からの借入は対象外となるでしょう。 つまり、消費者金融で総量規制の限度額まで借入をしていたとしても、審査さえ通れば銀行からは融資を受けることができるというわけですー